1 for da money

Check It Out

気分がのっていて、子供を寝かせたあとで、静かな書斎でゆっくりとしてからでないと原稿に向かうことができない、というような「条件」を気にしているようではいけない。それだと、「20分の空き時間を作る」というタスクに加えて、こうした条件をそろえることを同時にしなければいけないからだ。20分あるなら、とりあえずキーボードに指を走らせよう。外界のノイズはその 20 分の間だけ我慢していればいいのだから。

砂糖を使おうとフタを開けたらカチカチに固まって使いにくい…なんてことはありませんか。
湿気が原因と思うかもしれませんが、じつはこれ、乾燥が原因。水を1滴垂らして3時間待てば、もとのしっとりやわらかい状態に戻すことができるのです。

バカでもできる掃除方法。散らかってるものを一度全部袋につめる。普通に掃除する。袋から出すときに整理すべき場所に置く。俺は散らかっているものが全部入るような巨大な袋を持っていなかった。

がんばって全部自分でやろうとして、
 疲れきって不機嫌をまき散らしている人よりも、
 上手に人にお願いして、忙しい中でもゴキゲンを保つことのできる人のほうが、
 周囲はずっと気持ちがいいということに気がついてください。

大学でいつもキモオタグループだったんだけど、三年生ぐらいの時、一発奮起して脱オタしてみたのよ。それでちょうど講義で知り合った友達のいるテニスサークルの合宿に参加した。んで合宿となると酒飲みながら男女雑魚寝でトークするわけよ。とうぜん恋愛→エロの流れで。

そこで俺は驚愕した。

みんな中高生で脱童貞してる。サークル内でいじられキャラの地味な男ですら、中二で脱童貞してた。女の子は脱処女しまくってた。そしてみんな複雑な関係があった。ドラマみたいな日々を過ごしてた。悩んでた。

大人だった。

同い年の会話とは思えず、次の日から俺はオタグループに戻った。毎日「○○は俺の嫁」って言ってるだけの生活はほんとうに居心地が良かった。何も考えなくていい、幼稚園に戻ったような安心感があった…

「モテたい」んじゃなくて、実のところ「ヤリチンになりたい」な人の場合は、もしセックスできるようになりたいのなら、相手が誰であろうと初対面でお持ち買えりNGな草食系よりも、初対面でお持ち帰りOKな文化圏の人にアドバイスしてもらうのが良いと思う。

「別れて次探すくらいエネルギーがあるなら今の彼氏改善に使いたい」はダメ男好きに典型的な思考ですね。他人を変えようなんて思ってもほぼ常に徒労に終わるし、それなら相手を別の人に取り替える方が遥かに低コストだし幸せになれる確率も上がるんだけど、今の相手を変えることに固執してしまう。